ました。私たちは河口湖高校の生徒で、昨夜偶然歩いていました

。なぜ彼氏が河口湖高校の生徒だったのかと思った綾子は、素直にうなずいた。

近くの学生?

臆病な石井の顔に恐怖の痕跡が現れ、佐藤は残酷で残酷であることを知り、佐藤が二人の生徒が殺害を見たと思ったら、佐藤は間違いなく殺した。

二人は近くの学生だと聞いて、佐藤は眉をひそめずにはいられなかった。

この二人の捜索は外ですか?

あなたは無謀すぎます。幸いなことに、私たちは山を下ら西安夜网论坛なければなりません。彼が言ったように、佐藤は夏堂さんを握るために手を伸ばして、私たちを追いかけました、そして、彼はすぐに外に出ることができました。

相手がそれを見つけたかどうかに関係なく、最初にそれらを制御します。それが見つからない場合は、何も起こらなかったものとして扱います。隣の女の子が正常に成長しているとわかった場合、彼女は若さで勝利します。

第103章富士山の野蛮人

夏戸は数歩前に歩き、歩きながら背中をほどき、手に持ってリラックスしたようだった。

ところが、二人の距離が二メートルか三メートルになると、夏堂は突然バックパックを捨てて佐藤にぶつけた。

Xiahuはガールフレンドを両手で押しのけて叫んだ:綾子は逃げる、彼らは殺人者だ!

納豆の話をした後、彼はかかとに駆け寄り、二人を見たとき、納豆は戸惑い、短剣からの反射光がぼやけて見えた。いわゆる登山家は一見さらに嘘をついています。夏津の兄はたまたま登山愛好家でした。登山家が着用する必要のある装備については、夏戸さんが知っていました。2人はまったく登山家ではありませんでした。

最も重要なのは、夏戸が佐藤の腰に蹴られた足跡を見たことで、首吊りによるものかどうかは定かではないが、すべての兆候が大きな危険をはらんでいる。

ブーム!バックパックに激しくぶつかった佐藤は顔を覆い、腰をかがめて短剣を掴んだ。

くそ。佐藤は詰め物を逃した場所を知りませんでした。

これらの2つは滞在できません!

彼は短剣をコピーし、夏堂に向かって急いだ。

フットボールクラブのメンバーであるにもかかわらず、仲間の中でナツドの体格は非常に優れていますが、アンダーワールドにいた佐藤のようなたくましい男と比較すると、彼の体格はまだ劣っています。佐藤が短剣を悪意を持って取り出すのを見たとき、胡主席はしばらくの間さらにパニックになり、足を広げた後に乱暴に走った